プロ講師が指導することも多い

進学先になぜ専門学校を選ぶ学生が多くなっているのかというと、専門学校は職業に直結した専門的分野の学習ができる技能教育があるからでしょう。
理論の学習が主軸となる大学と比較して、現実的に利用できる学習が多く、専門学校は職業に就く前に、その業種のノウハウを学ぶことができるところなのです。

実習が多く、体で覚えるということが基本となるため、専門学校の多くは最新設備を置き、業種ごとに高い技術を学べるようにしています。あの専門学校を卒業した学生は、就職してすぐでも即戦力になるといわれるような高い技術、また応用まで身につけている学生もいます。
講師についても、その業種の中、現役として働く高い技術を持った講師が指導してくれます。

プロが指導してくれるのですから、勿論高い技術が身につくのです。専門学校に進学される学生さんも、多くが、技能を習得したい、専門的知識を得たい、資格を取得したいなどの高い志を持って学校に来ているため、真剣そのものです。

大学は学校生活を楽しむことができるかもしれませんが、専門学校はなかなか楽しむという余裕はもてないかもしれません。ただし、社会人になった時、自分が仕事を行っていく上で、困らない技術、知識は得ているので安心感があります。